3歳児、初めての習い事「ヤマハ音楽教室おんがくなかよしコース」を受講してみた

報酬の推移

何事も始めるなら早い方が良い、と言いますね。
我が家は地方都市在住なので、小学校受験する子はむしろ少なく、年少のうちから英才教育をするといった雰囲気はあまりない、のんびりとした土地です。
私自身も子供に教育を押し付ける気はありませんが、どうやらうちの子供は、絵を描いたり工作をするよりも、歌ったり踊ったりするのが好きなことに気がつきました。
これは子供が2歳の時です。
そこで、3歳になったら子供の興味関心を伸ばすためにも音楽系の習い事をさせようと考え、いくつか教室を下見した結果「ヤマハ音楽教室」への入会を決めました。

 

【ヤマハ音楽教室に入会することにした理由とは】

まずは、カリキュラムが非常に豊富ということです。
音楽を聴きその情景をイメージしたり、歌ったり、踊ったり、エレクトーンやタンバリン、カスタネットなどを使って様々な音色で遊んだりと1回のレッスンの中でたくさんのことを少しずつやります。
個人の音楽教室ではここまで様々な内容を織り込むことができないので、楽しく飽きずにレッスンに通えるのではと考え、ヤマハへの入会を決めました。

 

【実際に通ってみて】

初めは「恥ずかしい」と言って歌えなかったり、眠くなったり、飽きて自分の席を離れウロウロすることが多々ありました。
他の子はちゃんとできていたので、少々恥ずかしい思いを抱きながら、「みんなと歌おう」「自分の席に座ろう」などと子供に促していたのですが、先生は

 

「恥ずかしかったら後ろで見ててもいいよ」

 

などと、決して子供の行動を否定するようなことは一度もおっしゃりませんでした。
徐々にうちの子も慣れてきて、1年間のカリキュラム修了時にはみんなと一緒に大きな声で歌えるようになりました。
自身がついたのか、4歳になり年中さんに進級するにあたって本人に意思確認をしたところ、もっと続けたいとのことだったので今は「幼児科」でレッスンを受けています。

 

【入会を検討している方へアドバイス】

レッスン自体はグループレッスンですが、ひとクラスの人数に特に決まりはないようです。(教室の都合で人数の上限はありますが)
あまり人数が多いと、先生の目が届かず、レッスン中は非常に騒々しくなります。
入会の際には、クラスの人数も確認しましょう。個人的には、「おんがくなかよし(3歳児)」は3名程度、「幼児科1年め(4歳児)」は5、6人くらいがちょうど良いのではないかと思います。
また、各クラスとも保護者同伴になりますが、保護者に音楽の知識は必要ありません。一緒に歌えれば十分ですので音楽経験がない親御さんでも気軽に参加できます。
レッスンの内容はどの教室も同一ですが、先生により雰囲気はかなり異なるので、ぜひまずは無料体験レッスンに足を運ばれることをお勧めします。

 

【まとめ】

人気の習い事の上位にランクインする音楽教室について実際にレッスンを受けた体験について書いてみました。
迷っている方への参考になれば幸いです。

 

 

@30代女性